フォト
無料ブログはココログ

« 「大人になれなかった」ソフトバンク | トップページ | 「プロレスはやらせである」と認定? »

2006年10月25日 (水)

チーム・バチスタの栄光

 チームバチスタといえば、ドラマ化もされたマンガ「医龍」が有名ですが、今回紹介する本、「チーム・バチスタの栄光」はちょっと違います。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作ということです。あらすじを載せてみますと、

 「東城大学医学部付属病院では、アメリカ帰りの天才外科医・桐生を中心に、バチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていました。ところが、3度続けて術中死が発生。次の手術は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めています。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口。手術中に患者の死が続くのは単なる偶然か、医療ミスか。それともまったく別の原因があるのか。田口は聞き取り調査をしますが、謎は深まるばかり。そこに厚生労働省の変人役人・白鳥が登場して……」

 私自身はまだ、この本は読んでいないのですが、作者との対談ページを覗いてみると、作者はハードボイルドのつもりだったのが「爆笑ミステリー」と言われたらしい。果たしてこんなことがあり得るのか?一体どんな作品でしょうなんでしょうかねぇ。なんだか「神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口」やら「厚生労働省の変人役人・白鳥」やらがでてくる辺り、イン・ザ・プールの「トンデモ精神科医伊良部」に近いものを感じますね。著者の海堂尊さんは45歳くらいの現役の勤務医ということで、大学病院の内部描写も割と正確みたいです。
 ネットサーフィンをしていたらたまたま見つけたんで、是非とも読んでみたいと思います。

4796650792.01._SCMZZZZZZZ_.jpg

« 「大人になれなかった」ソフトバンク | トップページ | 「プロレスはやらせである」と認定? »

【本業の神経内科】」カテゴリの記事

コメント

これ読んだけど、結構おもしろかったよ。
医療関係がテーマで絶対にオススメなのが、
久坂部羊の「破裂」と「無痛」です。
現役の医師だけあって、その切り口がめっちゃ鋭いです。

 早速、amazonで注文してみました。

勝手に先に読みましたが、処女作とは思えない力量。ところで私は、著者は麻酔科の医師ではないかと推測しますがいかがでしょうか。神経内科医では決してないでしょう…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「大人になれなかった」ソフトバンク | トップページ | 「プロレスはやらせである」と認定? »